--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/06

Sinatra Jr.

南青山 「ブルー ノート」
にフランク シナトラ Jr.『SlNATRA sings SINATRA』を見に行ってきました!

ジャズボーカル界最高峰のフランキーこと フランクシナトラ、
そのDNAを受け継ぎシヨウビジネス界の王道を歩み続けるフランクシナトラJr.が 来日し
クラブ初出演をすると聞き、直ぐにチケット予約して
「おのぼりさん」丸出しで南青山まで行ってきました。


何年ぶりでしょうか!?青山なんて。

表参道駅から、プラダやカルティエ などのお店が並ぶ
骨董通りを7、8分あるくと、ありました!


まるでニューヨークを思わせるオシャレな外観の
ジャズクラブ「ブルー ノート」です。
20100203182228.jpg



実は私たち夫婦は 大のシナトラのファンでして、
特に主人は1980年?1990年代、シナトラの日本公演は全て見に行っておりました。
残念ながら 彼が他界してからは生のステージを見ることが出来ませんでしたので、
彼の息子シナトラJr.が歌うと聞いて 胸躍る気持でした。


中に入り階段を下りて地下に行くと

そこはまるで別世界!
シックな大人の夜の空間が広がり、
ステージを待つ老若男女がお酒や食事を味わいながら 楽しく語らっていました。

私たちも 予約したアリーナ席へ。

隣の席とくっついて相席のようだったのが気になりましたが、、
ステージまでは近いし絶好の場所でした。
さて、食事も終わった7時頃?いよいよシナトラJr.の登場です!

「夜のストレンジヤー」「サマーウィンド」「ニューヨーク ニューヨーク」など
亡き父の面影を誰もが感じ取れる歌声に往年のファン達は 涙を禁じえませんでした。


特にシナトラのステージでは定番の、
そして主人が大好きな曲「ワン フォーマイ ベイビー」を歌った時は
在りし日のシナトラが蘇ってきました。


そして最後はお決まりの「マイ ウェイ」!
ステージは最高に盛り上がり、客席のあちこちで涙を拭う場面もありました。


主人も昔のシナトラのコンサートを思い出し
「よかった、よかった」と泣きながら紙ナフキン(笑)で顔を拭いていました。


バックのミュージシャンも素晴らしくて、
ウェストコーストジャズを彷彿させるサウンドで
特にギターの音色はハーブエリスを思わせる程でした。


今回 初めてシナトラJr.の歌をきいて感じたのは、
父親の偉大な功績を背負いながらも軽やかに歌う Jr.自身の素晴らしいステージに
5年後か10年後にまた見に行きたいと思いました。

そしてステージから下りて戻るJr.にちゃっかり握手をして貰い ご満悦!
で外に出ると冷たい雪が舞って、高揚した私たちには ちょうど良い雪でした。

久々のジャズ ナイトで夢を見させて頂きました!
シナトラJr.様 に感謝です。

20100203182455.jpg



追伸
昔、25年位前に「シナトラ ソサエティ ジャパン」という会がありまして
所属して おりましたが途中からこちらの都合で不通になりました。今でも あるのかな?

それから、ジャズ好きの方、お店にいらした時にお声かけ下さいませ。

普段は無口な主人が一転、にこにこ喋りだしますから!!

どうぞ宜しく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。